たまご

新エッグパッカーで未来に自信を持つ

1 分で読了可能 掲載 6 12月 2020
Ovograder

家族経営のWessels-Vetkerでは、Sander Vetkerはすでに第三世代を代表しています。彼の祖父であるヘンク・ヴェッセルズ(87歳)はすでに親動物の繁殖農場を持っており、サンダー(25歳)は父親のフリッツ・ヴェッカー(57歳)と一緒に今でも繁殖農場を経営しています。母親のエルナ・ヴェトカー・ウェッセルス(56)は、以前は管理業務を行っていました。サンダー "今はもうやっていません。でも実際には、彼女は今でも私たちの会社の面倒を見てくれています。

ヴィールデンに本拠地を置くヴェッセルス=ヴェトカー社は、5万羽(雌鶏46,000羽、残りは雄鶏)を飼っており、3世代に渡るブリーダーがプリンツェンパックを選択しています。彼らが現在導入している最新の設備は、OvograderとTrolleyloaderを備えたOvoset Proです。Sander氏もまた、最近購入した新しいインストールに全面的に同意しています。提供されるサービスが重要な役割を果たしています。Sander氏 Prinzenを導入してからは、ほとんど問題がありません。そして、故障があった場合は、私たちは電話で連絡し、通常は彼らの指示で自分で作ることができます。そうすれば、卵は待つことなく、週に7日間孵化するだけなので、すぐに作業を進めることができます。電話でうまくいかなくても、卵が走ってくるんですよ。卵を吸い上げるポンプが使えなくなった時のように。そうすると、もう何もできなくなってしまうので、本当に困ったことになります。リレーではないので、真空ポンプが壊れてしまったんですね。晴れていればすぐに修理に来てくれます。

解決に向けての対応

サンダーによると、プリンツェンの考え方は解決志向で、何事も不可能とは言わないそうです。2007年に父がヘルニアを患いました。2007年に父がヘルニアを患ったのですが、その時にすぐにトロリーローダーを選択しました。しかし、パッカーとローダの一列に並べるスペースはありませんでした。そこで、当社の状況に合わせたサイドシフトシステムを開発し、ラインの隣にトロリローダを配置することになりました。

Sander氏は、Prinzenの設置による拡張の可能性に満足しています。PSPCシリーズの古いパッカーを新しいラインに移すことができました。ふ化卵、小型ふ化卵、テーブルエッグの包装が可能になりました。小型孵化卵は旧PSPCのパッカーで詰めています。こちらはオーバーホールしてもらっていたのですが、今はちょうど入ってきました。古いパッカーはまだ見栄えがいいのですが、それはすでにステンレス製だったからでもあります。ステンレス製なので、取り付け全体のお手入れが楽になりました。ちなみに、定期的に可動部に注油をしておけば、全てが正常に作動し続けるので、設置を稼働させるためにはスポットレスである必要はありません。しかし、私はそれが私たちの衛生プロトコルに適合するので、私はきれいなマシンを望んでいます。ステンレススチールは、1ラウンドに2~3回スプレーするだけで簡単にきれいになるので理想的です。なぜなら、30,000個の卵では、頭の上に弱い殻付きの卵が見えるからです。

その他の卵クラス

Sander氏は、Prinzenのインスタレーションを「未来志向」と表現していますが、特にOvograderではその傾向が見て取れます。Prinzen社の最初の計量機Elgraと比較すると、Ovograderの方がはるかに速くなっています。エルグラでは1時間に15,000個の卵を計量できましたが、今では30,000個になりました。さらに、オボグラーダーでは、より正確な計量が可能になりました。例えば羽毛がロードセルに付着しても、計量器が自動的に補正してくれるので、常に完璧なタンパク質の動きをすることができます。しかし、私の考えでは最も重要なことは、Ovograderがより多くのオーククラスに対応できるようになったことです。これは私たちにとって重要なことです。将来的にどうなるかはまだわかりませんが、私が知っているのは、オボグラーダーがより多くの種類のオークを扱えるようになることです。しかし、卵の重さを変えて供給できるようになることで、品質が向上し、顧客にとってもより良いリターンが得られることは分かっています。

では、プリンツェンパックは本当に理想的な設置方法なのでしょうか?養豚家や酪農家であれば、何の役にも立たないので、私は選ばないでしょうね。

Picture of Edwin Vlems

発行元

Edwin Vlems
Edwin Vlems is Marketing Manager at Vencomatic Group

Grow your business with
the lowest environmental impact

Two things everyone loves.